未来の切り拓く”礎”
未来の切り拓く”礎”
未来の切り拓く”礎”
未来の切り拓く”礎”

超硬合金とは?

超硬合金とは金属炭化物粉末を焼結(粉末冶金)して造られる金属で、ダイヤモンドに次ぐ硬さを有します。
超硬合金を素材として製作されるドリルやエンドミル等は超硬工具と呼ばれ、自動車部品製造や航空機関連
の切削加工に多く使用されています。
超硬合金は他にも、シールドマシンをはじめとする地中掘削用の掘削刃として、地中障害物の除去や岩盤穿孔、
更にリサイクル工程における粉砕・破砕刃としての利用や耐摩耗部品など、様々な分野・用途で使用されています。

製品情報

当社は超硬素材の生産量では世界トップクラスのCB CERATIZIT Luxembourg S.A.社の超硬合金を
中心に販売しており、国内大手工具メーカーは勿論、自動車・航空機関連など
高い品質を求められる切削工具の材料として広く利用されています。

ウォルフラム紹介動画

日本ウォルフラムの優れた製品について、より深く知ることができる紹介動画です。

NEWS

2019/08/04
サイトリニューアルいたしました
2018/11/01
JIMTOF2018に出展致しました